明日への飛躍
人類は、その歴史の中で数十万年もの石器時代を経て、
初めて鉄器を手にしました。

鉄の技術を手に入れたことにより人類は、飛躍的な生産

向上とそれにともない文明の発展をなし得ました。


鍛造は、人類が高温の火を得られるようになった紀元前
1700年頃よりあったと伝えられ、日本では弥生時代
より始まったと言われています。


現在では航空機、鉄道などの最重要保安部品にはビス1本
1本まで鍛造品が使用されています。
身近なものから最先端の技術まで鍛造品がなければ成り
立たなくなっています。

「明日への飛躍」の画像です。